格安SIMの【データ通信SIM】と【音声通話SIM】の違いって何?

格安SIMの【データ通信SIM】と【音声通話SIM】の違いって何?

格安SIMって、音声通話SIMやデータ通信SIMに分かれているけど、何が違うの?

おさる

モアイさん

簡単にいうと音声通話は、電話で話せるし、ネットもできるプラン。データ通信プランは、電話番号がなくて、データ通信しかできないねん。その分データ通信は、音声通話より安くなるねん!

全く格安SIM初心者のおさると一緒に、格安SIMのプランについて勉強していきましょう!
少し難しいですが、分かりやすく解説していきたいと思います!

どうぞよろしくお願い致します。

格安SIMの【データ通信SIM】と【音声通話SIM】の違いって何?

データ通信SIMプランって何?

データSIMプランは、データ通信のみです。
電話番号を持てません。
メールやアプリなどは利用できるので、IP電話スカイプは使えます。

音声プランと比較すると値段が安いのが特徴です。

注意
データSIMプランは、SMSが入っていないので、SMSが必要な方は別途料金が120円(税別)かかります。

Lineなどのアプリでは、新規のアカウント取得にSMSをつかった認証が必要になっています。
ですので、Lineの新規アカウントを取得される方は、SMSが必要になってきますのでご注意下さい。

MEMO
SMS(ショートメッセージ)とは、電話番号あてに短文が送れるメッセージのことです。

音声通話SIMとは?

データ通信+音声通話もできるプランになります。

090、080、070で始まる携帯電話番号をもつことができます。
キャリア(au、softbank、docomo)から格安SIMへの乗り換えに、音声通話SIMプランを選ぶと、電話番号をそのままにして乗り換えできます。
SMSも追加料金なしで使えます。

その分、データ通信SIMプランと比較すると、費用が高くなります。

データ通信SIMと音声通話SIMのまとめ

  1. データ通信SIMは、データ通信のみ。
    SMSは、オプションで付けないといけない。
    電話番号がない。
  2. 音声通話SIMは、電話番号があり、データ通信もある。
    SMSも標準でついている。
  3. 値段は、データ通信SIMの方が音声通話SIMより安い!

まとめると以上となります。
ここまでお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です