見栄だけでキャリア携帯持っていない?|実は、賢い人が使っている格安SIM

見栄だけでキャリア携帯持っていない?|実は、賢い人が使っている格安SIM

私たち夫婦は、格安SIMが出始めた当初、格安SIMはなんか怪しい!と思っていました。

しかし、格安SIMにしている現在は、むしろ格安SIMにして良かった!と思います。

格安SIMは、SIMの前に【格安】とつくから、貧乏人が持つ物だとか、胡散臭いイメージが先についたのかも知れません。

これが、スマートSIMという名前だっら、多分もっと早く格安SIMが浸透していたように思うのは私だけでしょうか?

本日は、格安SIMは貧乏人が持つ物で、胡散臭いという格安SIMのイメージを変えてみたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

何故貧乏人が、格安SIMや格安スマホを使っていると思うのか?


ネット上では、格安SIMや格安スマホを持つ人は貧乏人だと書かれています。

私の所見では、格安SIMをよく知らない人が、貧乏人の持つ持ち物だ!と書いているように感じました。

それに新しいものって、なかなか受け入れられないですよね。
スマホが出た当時も、何それ?状態だったと思います。
しかし、今では日本人の半数近くがスマホを持つ時代になりました。

10年後、キャリア携帯というもの自体がなくなっているかもしれません。

実は、賢い人ほど格安スマホを持っている!

実際、格安SIMを使うためには、ある程度勉強したり、面倒な手続きもしないといけません。

しかし、きちんと勉強し、格安SIMの方が家計の節約になると思ったら、すぐに行動し変更するのが賢い人であると私は思います。

現に、私の夫は格安SIMを勉強し、お得だと判断し、すぐに行動に移しました。
夫は、私はすごく賢くて堅実な人だと思っています。

ある雑誌にこんな記事が載っていました。

4人家族で、月々のスマホ代がなんと36,000円!です。
もちろんキャリアを使用してます。
家族構成は、サラリーマンの夫・専業主婦・中学生・高校生の4人家族です。

これを格安SIMに変更すれば、月々約13,000円まで下げることが可能です。
月々にすると、2万3000円も損をしている計算になります。
これを1年続けると、年間23万円も損をしていることになります。

しかし、サラリーマンの男性は、「格安SIMがいいのは分かるんですが….」と言いつつ変更する様子はありません。
恐らく、この男性の心の内ではこんな声が聞こえているのではないでしょうか?

格安スマホを嫌がる理由とは?

「大手以外のキャリアを使うと、ケチだと思われ恥ずかしい」

「格安スマホはつながりにくく、データ通信や音声通話の品質も悪いのではと不安」

「機種変更する際に発生する解約金がもったいない」

「大手キャリアに相談したら、拒否されそうだ

などなど。
格安SIMにしない理由を上げれば、きっとたくさん出てくると思います。
しかし、これはどれも根拠のない思い込みです。

実際に行動してみないと、本当のことは何も分かりません。

家計に余裕があり、通信費なんていくらかかっても構わないわ、という方は、キャリア携帯をそのまま使用されても問題ないと思います。
ただ、少しでも節約したいのであれば、通信費は絶対に見直すべき項目です!

イオンモバイルのSIMなら、解約料や2年の縛りもなく試しに使ってみるのに最適です!
我が家では、キャリアのauを使用していて、月々一人約8,000円、夫婦で約16,000円かかっていました。
しかし、イオンモバイルのSIMにして月々二人で約2800円ほどになりました!

キャリア携帯を使用されている方は、是非一度イオンモバイルSIMをお試し下さい。

関連記事:イオンモバイルの音声シェアプランについての詳しい記事は下記に書いています!↓

家族で使うなら、イオンモバイルの【音声シェアプラン】が断然お得!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です