【iPhone】を修理店に出す前にやっておくことべき3つのこと!

iphoneを、正規修理店に持ち込む前にやっておくことべき3点!

本日は、iPhoneのバッテリー交換をしてもらう前にやっておくこと3つを書かせて頂きました。
どうぞよろしくお願い致します。

【iPhone】を修理店に出す前にやっておくことべき3つのこと!

iPhone6sを使用して4年目。
1度もバッテリーを交換したことがなく、フル充電をしてもバッテリーの持ちが悪くなってきました。
バッテリーの最大容量を調べてみると79%。
80%を切ると、バッテリーを交換したほうが良いようです。

ちなみにモアイさんはiPhone11proを購入しました。
いいなあ。
おさるは、お金がないので、我慢です!
でもまだまだ、Iphone6s余裕で使用できます。
(負け惜しみではないです。やはりアップル製品はいいのかな、と思います。)

そして、持ち込み修理をする前に事前にやっておくべき3点です。

MEMO
スマホのバックアップを取っておく!
アップル正規店で予約する!
最新のIOSバージョンにアップデート

この3つは、iPhoneの修理に行くまでに絶対にやっておいた方がいいです。
1つずつご説明していきます。

iPhoneのバックアップは必ず修理前にとっておく!

まず①のiphoneのバックアップですが、アップル正規店では修理過程でアドレス帳や、写真・その他データが全て消去されます。
バックアップしなければ、データの復元ができないです。
ですので、バックアップは必ずとっておいて下さい。

下記記事に、【iPhoneのバックアップやり方】について書いています。合わせてどうぞ!

iphoneのデータをパソコンで【バックアップ】を取る簡単な方法♪


余談
私はバックアップをとり、バッテリー交換をカメラのキタムラでやってもらい、帰ってきたiphoneを見るとデータは全部残っていました。
でも、やはりバックアップは取っておくにこしたことはないです。

アップル正規店で予約する。

まず、アップル正規店でバッテリー交換をする方法を私はお勧めします。
何故なら、一度正規店でないお店でiphoneを修理してもらった場合、正規店で修理してもらえなくなるからです。
私は、安全な方を選ぶ性格ですので、やはり正規店をお勧めします。

正規店は、アップル本店だけでなく、カメラのキタムラなどもあります。
配送などの修理方法もありますが、1週間くらい手元にスマホがないのは不便なので私は持ち込み修理にしました。

その際に、予約は必須です!

予約なしにいった場合、何時間待つか分かりません。
事前に予約しておくと、スムーズに行き、待ち時間も最短で済みます。

予約は、アップルのホームページからできます。

iPhoneの修理依頼

上記のホームページから、修理サービスを申し込むをクリックして頂きます。
バッテリー交換ですと、【バッテリーと充電】をクリック→【バッテリー交換】→【持ち込み修理】という順番でクリックします。

次に、【アップルID】と【パスワード】を入力する画面が出てきますので、入力します。

すると近くのアップルストアが何店舗か表示されますので、お近くの修理店をクリックします。
修理してもらいたい日にちを選ぶと、対応してもらえる時間が出てきますので行ける時間をクリックして頂き予約完了となります。

最新のIOSバージョンにアップデート

こちらも、時間がかかるので、最新のiOSになっていない場合は事前にアップデートしておいてくださいね!

iPhoneの「設定」⇒「一般」⇒「ソフトウェア・アップデート」からアップデートをすることができます。

修理店のiPhoneを、持ち込むまでにやっておくことのまとめ

最後に、iPhoneを修理店に持ち込む前に、やっておくことのまとめを書かせて頂きます。
特に、スマホのバックアップと、最新のiOSバージョンにアップデートするは、時間がかかりますので前日にやっておかれることを
お勧めします!

  • スマホのバックアップを取っておく!
  • アップル正規店で予約する!
  • 最新のiOSバージョンにアップデート

ここまでお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です