40代ホルモンバランスの低下と変化!原因と対策を知り、生き生きと過ごそう!

40代ホルモンバランスが変化!原因と対策を知り、生き生きと過ごそう!

何かと身体の変化が起こる40代。

身体に様々な変化が起こり、戸惑いますよね。

戸惑う

私も、30代後半から、今まではなかったにアレルギーが出てきました。
どうやら、ホルモンバランスが変化することで皮膚のトラブルも症状としてあるようです。

40代に入ってからは、生理にも変化が起きました。
不安になり、婦人科にも行きました。

30代からこんな症状は出て来ていませんか?

  • ~こんな症状はありませんか?~
      ・お酒を飲んだ翌日に顔がむくむようになった
      ・化粧を落とさず寝たら、肌荒れを起こすようになった
      ・髪のコシやハリが低下した
      ・風邪をひきやすくなった
      ・徹夜が負担になる
      ・前日の疲れが取れない

上記のような症状がでたら、ホルモンバランスの変化が起こっているというサイン!

本日は、30代後半から40代の女性に向けて、ホルモンバランの変化とそれによって起こる症状、その対策方法を記事にしました。

この記事を書くに当たり、医学博士 常喜 眞理さんの「あばられるカラダ」を参考にさせて頂きました。

どうぞよろしくお願い致します。

医学博士 常喜 眞理さんは、40代のホルモンバランスの変化への付き合い方を間違えると、50代60代さらに不調になると書かれていました。

怖いですよね・・・。

本日は、40代のホルモンの変化の原因を知り、変化による不調の正しい付き合い方について書かせて頂きました。

どうぞよろしくお願い致します。

40代ホルモンバランスの低下と変化!原因と対策を知り、生き生きと過ごそう!

40代に入ると女性は、ホルモンバランスの変化に体調やお肌の変化をヒシヒシと感じます。

けれど、実は、ホルモンバランスの変化は、30代から始まっていたのです。
(見えないところで、徐々にホルモンが減ってきているんですね・・・。)

下記のグラフを見ていただいても分かる通り、30代から女性ホルモン(エストロゲン)と成長ホルモン低下し、細胞再生能力が衰えてきます。

 

画像引用:大塚製薬ホームページ

【成長ホルモン】の役割は、内の物質をエネルギーとして使えるようにし、さらに代謝を促し、体を回復させます。

これが低下するということは、無理が効かない身体になってきます!

また、女性ホルモンも30代以降、徐々に減ってきます。

女性ホルモン(エストロゲン)は、低下よりも変化の方が重要になってきます。

この変化は、ホルモン分泌の司令塔である脳の視床下部にストレスを与えます。

視床下部は、さまざまなホルモンの分泌をコントロールするとともに、体温調節や呼吸、消化機能の調節、精神活動などを司る自律神経のコントロールセンターです。

ところが、卵巣の機能が衰えると、脳がいくら「ホルモンを出せ」と指令を出しても分泌されません。

すると、脳がパニックを起こして通常の何倍もの指令を出すために、異常な発汗、イライラ、めまいなどの症状があらわれるのです。

画像引用:東洋経済オンライン

その結果、自律神経が乱れてきます。

症状は、動悸・肩こり、ほてり・頭痛・血圧の上昇など、ありとあらゆる身体の不調が出てくるんですね。

  • 動悸
  • 肩こり
  • ほてり
  • 頭痛
  • 血圧の上昇

いわゆる不定愁訴と呼ばれるものですね。

大病ではないからと、これらの症状を我慢される方も多いかと思います。

しかし、ここで対処法を間違えると、50代60代さらに不調になってしまいます。

ですので、正しい40代のホルモンバランとの付き合い方】を知っておくとよいですね!

日常でできるホルモンバランスの変化との付き合い方

ホルモンバランスの変化との良い付き合い方について、ここから書かせて頂きます。

美容や健康の土台となるものは、

  • 規則正しい生活
  • バランスの良い食事
  • 定期的な運動

の3つが挙げられます。
これは、必須です!

女性ホルモンの変化への対応策については、

  • 気の持ちよう
  • 意図的に副交感神経優位の状態を作る
  • 背骨を冷やさない
  • 女性ホルモンの代わりとなるエクオールが配合されているサプリを飲む

4つが挙げられます。

1つずつ見ていきましょう。

① 気の持ちよう

よく言われるのが、 【戦時中は日本女性に更年期はなかった】というもの。
いつ死ぬか分からない状況では、自分の身体のだるさなど考えている余裕もなかったことでしょう。

だからといって、いつ死ぬか分からない日常には身を置きたくないですよね。

なので、やはり楽しいこと、嬉しいことに気持ちの比重が傾くようにしたいですね!

恋心もいいらしいです。

私は、夫のことは大好きだけど、恋とかそういうトキメキは皆無なので、ゲームでたまにドキドキしています。

私的にお勧めなのは、【囚われのパルマ】ですね!

もう、とっても素敵な美青年が愛を囁いてくれます。
ドキドキしました♡

【Switch】囚われのパルマ デラックス エディション カプコン [HAC-P-ASZVG NSW トラワレノパルマ ツウジョウ]

②意図的に副交感神経優位の状態を作る

交感神経と副交感神経の役割

画像引用:花王ヘルスケアナビより

女性ホルモンの低下により視床下部がストレスを受けているので、交感神経が優位の状態になります。

交感神経が優位な状態とは、神経がぴりぴりして、目が冴えている状態です。

これとは逆に、副交感神経が優位になると、リラックスした状態となります。

交感神経が優位になりすぎると、よく眠れなかったり、落ち込んだりします。

なので、意識的に副交感神経のスイッチをいれることが必要になってきます。

医学博士 常喜 眞理さんの「あばられるカラダ」に、副交感神経エクササイズが載っていましたのでご紹介させて頂きます。

① 目をつぶり、体を大の字にして仰向けに横たわる

② ゆっくり深呼吸を繰り返し、できるだけ呼吸することだけに集中する。

③ 落ちていてきたら、深呼吸しながら右手の指先に意識を集中する。

④ 右手に温かさをかんじたら、意識を左手の指先にむける。

⑤ 同じように右足、左足を意識していく

※さらに右手からも2~3回繰り返す

 

 

交換神経が優位になり、どうも眠れない、イライラするという時は、ゆっくりした入浴、友達とのおしゃべり、趣味や、運動などで気分転換してみましょう!

入浴剤のお風呂に入っている人のイラスト | かわいいフリー素材集 ...

わたしが、おすすめするのは、自分の心と身体に意識を向ける【マインドフルネス】です。
1日10分するだけで、呼吸も深くなり、副交感神経も優位になりますよ。

③背骨を冷やさない

LEE

:画像引用LEE

自立神経の実働部隊の大切な部分は、背骨の近くあります。

なので、背骨を冷やさないことが大切です!

首回りにはひと巻きし、腰回り、背中の肩甲骨の間も冷やさないように気を付けましょう!

④エクオールが配合されているサプリを飲んでみる

エクオールは、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする成分です。

大豆に含まれるポリフェノール、大豆イソフラボンは、「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」の3種類に大別されます。そのうちの「ダイゼイン」が腸である種の腸内細菌によって代謝されると、エクオールに変化して体内に吸収されます。

また、日本更年期医学会の調査から、エクオールが尿に少ない人ほど更年期症状が重いという結果が出ました。

エクオールですが、大豆製品を毎日摂取し、よく運動している人ほど保有率が高いそうです。

調査内容
女性108人を対象に2日間の食事調査を行い、食事調査の最終日に24時間尿を蓄積し、尿中のダイゼイン、ゲニステイン、エクオール量を計測。
同時に、更年期症状についてアンケートを行いスコア化した。
すると、更年期症状の重い人と軽い人では、尿中のダイゼインとゲニステインの量に大きな差は見られなかったが、症状の重い人のエクオール量は明らかに低かった。
(出典:日本更年期医学会雑誌 15 :28-37,2007)

大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」が代謝されてエクオールに

画像引用:大塚製薬

大豆製品を食べることにより、エクオールは作られます。
食生活で大豆製品(納豆・豆腐)などを毎日食べないと、エクオールは作れないわけです。

毎日、きちんと大豆製品をとるのは難しいですよね。

大豆製品を食べていても、エクオールを作れる腸内細菌を持っていない場合は、エクオールが作れません!

日本人でこのエクオールを作れる人は2人に1人言われています。

なんてこった!

しかし、エクオールについての研究が進み、エクオールを摂取できるサプリがたくさん販売されていました!

【エクオールの効果】は、以下7つがあります!

  • ホットフラッシュ
  • 首こり、肩こり
  • 肌のシワ
  • 骨密度の減少を抑制
  • 悪玉コレステロールを減少
  • 糖代謝
  • 血管機能

わたしも、寝つきが悪くなったり、肌が乾燥してきたり、かゆくなってきたのは、ホルモンバランスの変化であると思います。

これから、ますます減るであろう女性ホルモンや成長モルモンの代わりとなるエクオールは是非サプリで補いたい!

おさる


と思い、さっそくエクオールが含まれているサプリを注文しました!

ちなみに私が注文したエクオールサプリは、アンファー社のスカルプD ボーテ サプリメント ホルモーナです!

エクオール以外にも、高麗人参・マカなどが配合されていて疲れや美容にも効きそうなので試してみることにしました!

ちなみに1日にエクオールを1日10㎎摂取することで、更年期症状の改善、骨粗しょう症の予防、女性のメタボ改善など、様々な効果があるそうですよ!

また効果については、後日追記したいと思います。

日常のケアだけでは、不快な症状が我慢できない!そんな時はどうする?

上記の日常的なケアでは、全然不快な症状が治らない!辛くて辛くて仕方がない!
という方もおられると思います。

その場合は、医療機関でご相談され、医師と相談の上以下の治療法をお試し下さい。

医療機関での更年期対策

①漢方治療
②ホルモン補充治療
③西洋薬治療(抗不安薬など)

①漢方治療

漢方とは?|漢方について知る|漢方セラピー|クラシエ

更年期治療に使用される漢方は、以下の3種類です。

  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 当期芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

いずれも血の巡りをよくすることで、身体のバランスを整えようというものです。

注意
漢方も薬ですので、効果もあれば副作用もあります。長く飲む続ける場合は、3~6か月に一度は血液検査をして、副作用がないかチェックするのがお勧めです。

②ホルモン補充

女性ホルモン補充療法 | エクオール研究所

更年期障害の直接的な原因が女性ホルモン(エストロゲン)の低下なので、人工的にエストロゲンを足すというのが、ホルモン補充療法です。

投与の最初は、吐き気を伴ったり、5~6か月不正出血が続く場合があります。
最初の投与から不快な症状が改善される方もいますが、すべての方に効果があるわけではありません。

注意
血栓症・心筋梗塞・脳卒中になったことがある方、肝臓病の方にはホルモン補充療法は適しません。

ホルモン補充療法をされている方で、いつまで続ければいいの?と思われる方も多いのでは、「あばられるカラダ」医学博士 常喜 眞理さんは、今までの医師としての経験から5年くらいを目安にした方がいいと著者に書かれています。

③西洋薬治療(抗不安薬など)

精神的なストレスを和らげることで、不快な症状を緩和しようという治療法です。
抗不安薬・軽い抗うつ剤・催眠鎮静剤などが処方されます。

更年期の不快な症状は、女性ホルモン(エストロゲ)の低下からくる自立神経失調症が原因です。
これに個人的なストレスや気質・体質が複雑に絡み合ってきます。

人によっては、落ち込み、イライラ、パニック症状、不眠状態となり、耐えがたいレベルになる人もいます。

その場合は、こういった薬で切り抜ける方法もありです。

40代ホルモンバランスが変化!のまとめ

40代何かと無理がきかない身体になってきますが、健康・美容マストなのが睡眠(睡眠時間・質)・週二回30分以上の運動・食事(栄養バランスを考えた)です!

そして、40代(30代後半も含む)のホルモンバランスの変化で日常的にできるケアは、

  • 気の持ちよう
  • 意図的に副交感神経優位の状態を作る
  • 背骨を冷やさない
  • 女性ホルモンの代わりとなるエクオールが配合されているサプリを飲む

になります。

そして、日常ケアではどうにもならないという方は、婦人科に相談して、

医療機関での更年期対策

①漢方治療
②ホルモン補充
③西洋薬治療

医師と相談の上、ご自身にあった治療法を進めていって下さい。

身体の変調が起きる40代、生き生きと楽しく過ごしていきましょう!
ここまでお読み頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です